ペット供養墓 千の風になって
ペット霊園・供養墓「千の風になって」 ペット霊園、ペット供養、ペット火葬、ペット墓地 山梨県甲州市 ぶどうとワインのまち 福泉寺 ペットのとなりで永代供養

ぶどうの里 福泉寺     都内から90分 ぶどうとワインのまち

ペット霊園・供養墓 【千の風になって-a thousand winds-】

ペットの心は、いつもあなたのそばに

山梨県甲州市勝沼町菱山2347  TEL・FAX:0553-44-1888

      バナー
供養応募要項・料金
火葬について
供養・葬儀・火葬Q&A
千の風になって
ぶどうとワインのまち・勝沼
福泉寺概要・写真館
セレモニーホール(門信徒会館)
MAP
お問い合わせ

宗祖 親鸞聖人

 平安時代の末期、世は貴族社会から武家社会へと大きな転換をとげようとして、戦乱と天災があいつぎ、乱れに乱れていました。その頃、京都郊外に生まれた親鸞聖人は、九歳で出家して比叡山に登り、修学に励みました。

 しかし、聖人はその修行でさとりを得ることはできませんでした。また、出家して修行できない者はさとりと無縁なのか、という疑問もありました。

 そんな苦悶の日々の中、夢のお告げなどもあり、聖人は二十九歳で比叡山を下り、京都吉水におられた法然上人について浄土教を学びます。

 これは、阿弥陀仏を一心に念ずること(専修念仏)によって、仏の慈悲の力が、わたしたちを浄土へ導いてくださるという教えです。

 しかし、念仏の教えは時の権力の弾圧を受け、法然上人は土佐へ、親鸞聖人は越後へ流されました。のちに許されてから関東に移り、約二十年のあいだ教化活動に励まれました。そこで、多くの人々と語らいながら、念仏の信仰をいっそう深めていかれたのです。

 そして六十二、三歳の頃、京都にもどられ、著述に専念し、九十歳で亡くなりました。それまでの教えを受けた子孫や門徒たちの努力によって、聖人の念仏の教えは次第にひろまっていき、親鸞聖人は宗祖と仰がれるに至ったのです。

親鸞聖人 親鸞聖人

サイトマップ

供養応募要項・料金/火葬について/供養・葬儀・火葬Q&A/千の風になって/
ぶどうとワインのまち・勝沼/福泉寺概要・写真館/セレモニーホール(門信徒会館)/
雑誌掲載紹介/MAP/山梨県・動物病院一覧/お問い合わせ

TOPへ戻る  



〒409-1302 山梨県甲州市勝沼町菱山2347
TEL 0553-44-1888  FAX 0553-39-8871  メールアドレス
バナー


無断転載を禁じます。Copyright (C) 2007 fukusenji/Dongorasu事務所) All Rights Reserved.